あがり症とは

  • 2010/05/01(土) 17:49:26

あがり症とは、ここぞ、という場面で緊張してしまって、頭が真っ白になってしまったり、血圧・心拍数が上昇したり、赤面、手足の震えなどの症状を引き起こしてしまって、本来の実力を発揮できないタイプの人々を総称して呼ぶ言葉です。なぜか日本人に多く見られる、といわれています。

あがり症が心理的なものだと気づくと、大抵の人は対人関係改善や、心の悩みについて書かれた心理学の本を読んで治療法や解決法を探ったり、カウンセリングを受けたり、性格自体を矯正して症状を改善しようとしてやや宗教的な修行をしたりと、色々と努力を重ねます。

あがり症克服のために自分で努力を続けて、症状が改善されればよいのですが、多くの場合軽くなって治癒するどころか、かえって症状が強くなってしまう場合があります。頑張っているのだから治らなければ、とあまりにも意識しすぎることから引き起こされる悪循環です。

あがり症を本当に克服したいのなら、自分の症状と真剣に向き合うことが大切です。あがって当然、緊張するのが当たり前と開き直りの考えを持つことも重要です。その上で目的のみを考え周囲の目を気にせず、不安や緊張を必要以上に大きくしないことが何よりの克服法なのです。


金井英之 あがり症克服 | 根本式糖尿病治療法 | 続木和子 口臭改善 | 健康リンク集