カードローン

  • 2008/10/10(金) 19:30:49

カードローン会社も系列化が進み、消費者金融系やクレジット金融系でも大手銀行の傘下にあるのが実情です。カードローン会社も大きくなれば、世間体を気にするようになり、TVのCMでおなじみの、「無理のかに返済計画」を謳い文句に、借りすぎを注していますが、カードローンの人気の裏には、借り入れ条件の甘さがあります。

ローンクレジットの人気の原因は、審査が簡単で、すぐに振り込まれる点です。金利よりも審査の緩いカードローンが人気になります。基本的には昔と変わらず、多重債務者の利用率が多くなり、結果自己破産の憂き目を見るわけです。自己破産の件数も、ここ数年増加しているのも事実です。

カードローンの名義貸しは、カードローンの人気を逆手に取った詐欺です。謝礼と引き換えに名義を貸して、カードローンを作らされて、限度額いっぱいに借り出され、請求は名義が貸しした本人にいくと言うものです。謝礼が高額なので被害も多く、あまり表面化していませんが、実態はかなり深刻です。

人気のカードローンの業界では、信用情報センターの情報を利用して限度額の算定を行います。カードローンを利用すれば、その情報は信用情報センターに集約され、新たなカードローンの審査算定に利用されます。信用情報センターの情報の利用で、貸し付けの安全限度額が担保され、カードローン会社の過重貸付を制限するわけです。

ローン関連サイト
消費者金融からの借入について
低金利融資の金融商品を選ぼう
無職キャッシングの審査
低金利融資の金融会社
女性専用キャッシングを賢く利用しよう

お気に入り情報サイト
あれこれ雑学情報局

自動車保険を比較する

  • 2008/09/06(土) 19:21:55

自動車保険は以前、どの保険会社に加入しても車の保障と言う意味ではあまり差がないと思われていました。また、保険販売業者の窓口の人柄を信頼してその会社の保険に入ると言う例もたくさんありました。この場合は、保険会社で自動車保険を比較するというよりも、販売代理店の人間性を選んだ訳です。

自動車保険を比較するテレビコマーシャルまで流れる時代になりました。現代は、今一度自分の入っている自動車保険を価格だけでなく、いろいろな細かい保障、サービスまで再検討する時代に来ています。自動車保険は自分の信頼できる代理店の担当者という考えから、自分で検討する時代といえます。

自動車保険の見積もりを無料で行う会社がたくさんあります。いろいろな自動車保険を無料で比較してもらえたり、アドバイスを受けられる店も登場してきました。窓口の相談員に説明を受けることも一つの手段ですがこの場合大手の保険会社が多く、パソコンのサイトを利用するのも一つの手段です。

保険市場のサービスを利用するにしても、自動車保険専門の比較検討サイトを利用する時も、自分の車についての情報や、住所、氏名、電話など個人情報をすべて記載しないと確実な情報は得られません。信頼ある比較サイトかどうか、また信頼あるサービス提供かを確かめないといけません。

関連サイト
カーナビ
中古車買取査定
ガリバーの中古車検索で中古車探し
バイクの車検について
アテンザのミニカーの人気
ヤマハ XJRシリーズは人気のオートバイ