ビジネス実務法務検定とは

  • 2008/10/17(金) 16:49:12

ビジネス実務法務検定とは、経済社会が複雑化してきており法律を確実に守ることが利益につながると判断している企業が求めている人材を育成する試験です。昨今はトラブルが耐えない時代です。トラブルを未然に防ぎ健全な企業活動を行なうことで、コンプライアンス(法令等遵守)能力を持った人材を育成していくのが目的です。

仕事の上では、法務の知識は欠かせないものです。契約や仕様の締結など法務部署ではなくとも法律を守ることが必要です。モラル低下や倫理観の欠如のため不祥事を起こさないためにも各自の自覚が必要な時代です。

検定試験はレベルが3段階あります。基礎的な1級・高度な2級・1級となります。3級は基礎的法務知識が必要であらゆるビジネスマンに適応されます。2級では、実務的な法務。そして1級は、さらに専門性を必要とした知識と実務経験が必要です。転職を控えている方や就職活動中の学生にも3級の基礎知識は学んでおいてもよいでしょう。

検定試験の勉強には、公式テキストと過去問題集を活用するのがオススメです。過去の傾向と今後の流れを把握しておくことが理解を深める上でも重要となってきます。今後の重要性が高まる法務知識なので日々の研鑽が必要で有意義にトライしていくのがよいでしょう。

資格関連サイト
危険物取扱者試験
作業療法士
貿易実務検定
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランニング技能検定試験

お気に入りの情報ブログ
子育てママの雑学ブログ